大手の消費者金融の金利はどのくらい?銀行カードローンの方が安い?

大手消費者金融の金利はどのくらい?

大手消費者金融が一体どのくらいの金利で貸し付けを行っているのか気になりますよね?
大手であればそこまで違いはありませんが、全く同じというわけでもありません。
みなさんが知っているような大手消費者金融の金利は以下の通りです。

プロミス:4.5~17.8%

アイフル:4.5~18.0%

アコム:4.7~18.0%

モビット:4.8~18.0%

プロミスは例外ですが、このように金利はどこも18.0%です。
消費者金融からお金を借りる場合、基本的に金利18.0%が適用されると思っていていいでしょう。

また、アコムとプロミスの場合、30日間無利息サービスを行っています。
30日間無利息サービスとは文字通り、30日間は利息が発生しないというサービスのことです。
お金を借りてその期間中に返済することができれば、利息の支払いはありません。
こういった無利息サービスを上手く活用することがお得にお金を借りるコツです。

銀行系のカードローンの方が低い?

消費者金融から借りるよりも銀行系カードローンを利用した方が金利が低いといわれています。
実際に比較すると分かりますが、銀行系カードローンの方が金利が低いのはたしかです。

数多くある消費者金融で最も金利が低いとされているのがプロミスの4.5~17.8%です。
十分この金利でも低いですが、銀行系カードローンはその上をいっています。
銀行系カードローンの金利は以下の通りです。

みずほ銀行カードローン:4.0~14.0%

イオン銀行カードローン:3.8%~13.8%

じぶん銀行カードローン:3.9%~17.5%

楽天銀行カードローン:4.9%~14.5%

この結果を見た場合、今までお金を借りたことがない方だと「銀行の方が安いのにどうしてわざわざ消費者金融から借りるの?」と思われ
るかもしれません。
たしかに金利のことを考えるのであれば、銀行系のカードローンを利用した方がお得です。
しかし、銀行系カードローンだと手続き・審査に時間がかかってしまって、すぐにお金を借りられない場合があります。
スピードに弱点があるので、すぐにお金を借りられる消費者金融を利用する人が多いのです。